言葉にならない言葉

心の底を言語化したい

無意識の症状

先生の所へ通い始めて一年以上経つが、ずっと解決しないもやもやがある。それは、私はずっと演技しているのではないか?というもやもやだ。 

 

メンクリに通い出した理由は原因不明の体調不良で不登校になってしまったからだ。両親の離婚が大きなストレスとなっており、それが身体症状が出ている。と言われた(ような気がする)。 

 

でも本当は違ったのではないかと思い始めている。 

 

私が入学した高校は超が付くほどの体育会系だった。集会などがあれば移動は走ってだったし、必ずと言って良いほど教師の怒号が飛んでくるし、赤点を取ったら個人呼び出しで30分怒鳴り続けると脅される。教師によるパワハラと言えると思う。 

 

私はそんな高校生活に嫌気がさしていた…というレベルではなかった。教師の恐怖に戦き登校拒否した。 

 

正直な心で考えてみると最初の順番がバラバラだったのではないか? 

 

メンクリに通い出したのは、原因不明の体調不良が理由ではなく、過酷な高校生活から逃げ出したいがための作戦だったのではないか。(そのころの私にとっては)幸運なことに家庭のいざこざがあったばかりだった。

それを言い訳にすればいいと思ったのではないか。父の不倫という事実に耐えきれず大きなストレスを感じそのストレスが身体化(この表現が正しいのかわからない)してしまったということにすれば恐ろしい高校にもいかなくて済む。

学校をサボりたい私を正当化しようとしたのではないか? 

 

こんなことを無意識のうちにやってしまっていたのではないか?それとも意識的に? 

 

急にこんなことを考え出したのは、実は精神分析について調べている途中で「ミュンヒハウゼン」について知ったからだ。とりあえずWikipediaで概要を読んだが私の事を言っているようにしか見えなかった。 

 

やっぱりそう思うのは意識的に作戦を立てて高校をサボりたかったからなのか。 

 

私は最初から今までずっと自分を甘やかすために演技していたのだ。そうに違いない。 

 

その証拠に今も髪を真っピンクに染め、「ゲスの極み乙女。」の素晴らしい演奏を聴きながら文章を打ち込んでいる。こんなこと、同年齢の子はできない。みんなは私と違って週に6回も高校に通い早朝から勉強し、夜まで部活動に励んでいる。 

 

私にはできない。頑張ることが出来ない。病気だから

 

そういって今まで何回、甘えてきただろうか。 

 

よく考えると私は病気でも何でもないことに気が付いた。なぜなら私は至って元気だからだ。 

 

私より苦しい思いをしてる人はいっぱいいる。本当のうつ病患者は寝たきりで動けないそうだ。 

 

それに比べて私は、病人とは思えない髪色やファッションで都会で買い物をしたり、ランチや高いパンケーキを食べたり、好きなことをして楽しんでいる。夜は確かに気分が落ち込むし自傷もする。

でもそれも私の演技なのではないか。特に自傷なんかは構ってほしいからするのではないか。私の意識では構ってほしいために自傷をしているのではないのだが、無意識ではやっぱり…。 

 

身体症状も精神症状もある。だけどそれも無意識が作りだしたのではないか。

本当は何にもなかっかのに、楽をしたいがために病気の症状を騙って病気になったのではないか。無意識のうちに。