言葉にならない言葉

心の底を言語化したい

父に叱ってほしかった

私はバカです。

 

木曜日、診察がありました。

そのとき、その週の日曜日に悪いことをしてしまったので、叱られました。

 

りゅうくんは決して声は荒げません。

私と距離を詰め、キッと睨んで

「あなたのした行動は『認めません』し『許しません』」

と、その2つだけ言うのです。

 

けんちゃんには自殺未遂をした時に怒鳴られたことがあります。

死ぬほど怖かったですが、

 りゅうくんに叱られるのも死ぬほど怖いです。

けんちゃんとは別の意味で…。

 

叱られてしまった悪い事というのはここでは言えませんが、Twitterを見てくださってる方なら分かるかもしれません。

 

本題に戻ると、木曜日、昨日叱られたのです。

それなのに、金曜日、次の日にまた同じことをしてしまいました。

今日のお話です。

 

私は、悪いことをしてしまったので罪悪感に駆られました。

叱ってもらわないとまた同じことを繰り返すだろうと思い、そのあとすぐにりゅう君の元へ向かいました。

 

診察室に入って、悪い事をしたから叱られに来たと言ったらりゅうくんの声色が変わりました。怒っているんだとすぐにわかりました。

 

そして、いつものように叱られたわけです。

 

「認めません」と「許しません」

を言われたら私は

「ごめんなさい」「もうしません」

と言わなければなりません。

 

いつもならそう返事して許してくれるのですが

 

今回は、私が逆切れの様な感じになってしまいまして、

「もうしません」って言って何回も繰り返しているんだからその言葉は言えない、意味がないとりゅうくんに言いました。

りゅうくんは「わかった」と言って「じゃあ、ごめんなさいは?それは言えるよね?」と続けました。

 

ですが、私は謝ることもできませんでした。

何で言わなかったのかわかりません。

 

「叱られたいからわざわざ診察に来たんでしょ?叱ってほしくないってあなたが言ったら、僕は叱らないようにしているけど。叱られたくないんだったら叱るのやめるけどどうするの?」

 

私は自分が叱られたいのかも叱られたくないのかもわかりません。

 

怖いのは嫌だから叱られたくない気持ちもあるのですが、罪悪感に負けて叱ってほしい気持ちもあるのです。

 

先生は、私を娘扱いしてくれるし褒めてくれるし叱ってくれます。

それが私は嬉しく感じます。

 

先生はこうも言いました。

「あなたは自分を叱ってくれる存在の重要さに気づいてないね。先生はね、叱ってもらえなくて寂しい思いをしている子たちをたくさん見てきたから、叱ってもらえることがどれだけ幸せなことなのかわかるよ。だからあなたが悪いことをしたならば叱ります」と。

 

そう言われてやっと気づきました。

そういえば、叱られているうちはまだ自分を認めてくれているということなんだと何かで知ったなと思い出しました。

悪いことをしても叱ってくれなくなったということは見放されたということなんだと。

 

りゅうくんやけんちゃんが私を叱るのは、私の為であって、私を否定していたりとか嫌いだからとかじゃないんだと、今更ながら理解できました。

 

りゅうくんとけんちゃんが私を叱るようになったのは最近の事です。

自殺未遂をして医療保護入院をしたときから。

 

それまでは、ODして自殺しようとしたりベランダから飛び降りようとしたりした時、叱ってくれるのは母しかいませんでした。

でも、いや、「でも」という言い方をするのはおかしいんですが、

母は泣いてばかりでガツンと叱りはしませんでした。

そりゃ自分の娘が自殺未遂なんて起こしたら悲しくて涙しか出てこないですよね。私だってそうなると思います。

 

もし父がいたら、泣かずに叱ってくれたのかな…。

 

私は父に叱ってほしくて問題行動ばかり起こしてきたのかななんて思ってしまいました。

りゅうくんも、昔同じようなことを言っていた気がします。

当時は、んなバカなと思っていましたが今では何となく意味が分かる気がします。

 

そんなことを考えてベッドに横になりながら、叱られずに育った子供はどうなるんだろうと思って調べてみました。

 

「叱らない子育て」というのが尾木ママの提案ではやったみたいですね。

でも、「叱らない」というのをはき違えている保護者が大勢いるとか。

子供が人に迷惑かける行動をしたり危険なことをしたりしたのに、叱らないんだそうです。

 

そういう教育をしたら子供はどう育つのか…。

あんまりいい方向には行ってないみたいです。

 

小学生や中学生になり、人とのコミュニケーションがうまくいかず不登校になったりするようです。本当に「叱らない子育て」の影響でそうなったのかは分かりませんが。

 

もしそれが本当なら、私は私を叱ってくれる存在である親の片方がいないから病気になったのかな、メンタルが弱いのかな、問題ばかり起こすのかな、と。

 

いや、でもこんな考え方、行動を起こす私が全部悪いのに、その私を育てた親が全部悪いと言っているのと同じですよね。

相変わらずクズっぷりを発揮してますね。

 

こんなの、ド素人のクソガキの私がいくら考えても答えは出ないので来週の診察とカウンセリングで聞いてみようかなと思います。